燻炭作り

084.JPG

今年もすくもを分けていただいたので、燻炭作りを行う

薫炭



 1回目よりきれいに焼けた。
 中に枯竹を入れ焼いてみた。一部やけ残りがある。
 下部にスクモのやけ残りがあったので空気を入れるよう改良の余地がある。
 

薫炭づくり



 焼き上がり水をかけビニールで蓋をし一晩経過した様子

薫炭づくり



 昨夜完成の薫炭 
 最初のスクモへの着火が少なかったので時間が懸かり一部焼けていないところがあった。
 ドラムカンで作ると灰になりにくく調子がいいようだ。
 朝10時ごろから2回目の薫炭を作る。今回は最初ドラムカンの中で焚き火をしてからスクモを入れたので、8時間後の午後6時には薫炭が出来た。 水をかけハウス用ビニールで蓋をして紐で縛っておいた。

くん炭づくり



 昨日11時ごろ着火して11時間後一部灰になっていたのでもみがらを追加する.
夕方ちょうどよく焼けていたので、水をかけビニール袋で蓋をしておいた。
 野菜栽培に効果があるらしいので、すくもが手に入れば再度作りたい。
 これで、鶏の餌袋3袋分のもみがらである。
 作り方は、現代農業特選シリーズ 「モミガラを使いこなす」DVD付き 1800円
を参考にしました。
 内容は〇草を抑えるモミガラマルチ
      ▲屮襦璽掘璽箸粘蔽院〃擇ぁ.皀潺ラ堆肥でくり
      J殃憧未粘蔽吋汽薀汽蕕ん炭づくり
      ぁ〔邵擇皀ぅ佑眈翩廚飽蕕張皀濘欒萢兔

初めての炭焼き



焚き始めて6時間ほどの様子
竹を利用して竹酢を採取してみたが、釜の中が古竹のためほとんどが水分のようだ。
暗くなったので19時に土を掛けて空気が入らないようにして作業を終了した。
煙が紫になっていなかったので、炭焼きの途中であったのかもしれない。
釜明けは来週になる予定


炭焼き開始2時間後



炭焼き釜から煙が出だしたところ

炭焼き開始



10時30分炭焼き開始


炭焼き釜の作製



先日造った炭焼き釜
今日は真夏日であるが炭焼きに挑戦することにした。

炭焼き釜

070812_1625~01.JPG

釜と焚き口の隔壁を鉄板でする。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2197 最後に更新した日:2017/08/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM