椿谷のミツバチ

先日のサンモールで回収したミツバチを椿谷に置いたのだが、働き蜂の行動がおかしいので、急遽他のAY式の箱から卵を産んだ巣枠を入れて空の巣箱を設置し、群れをすくって空箱入り口に置いたところ群れがAY式の箱に移動した。女王蜂がいなかったものと思われる。
26日に確認したところ花粉を運んでいるので、女王蜂を育てているものと考えられる。
002.JPG001.JPG

日本ミツバチ分蜂

4月17日 昼ごろ
家の樫の木の地上15mのところに終結
箱に収容 大群
うまく収容できたと思っていたが、翌日夕方には逃亡
今年は既に3群逃亡  1群が空き箱に入っていた。
21日現在美鈴が丘には6群(春先には4群)
逃げなければ良いのだが・・・・
008.JPG
009.JPG

分蜂


この箱は分蜂群が出た後の本の巣箱(AY式)
013.JPG
サンモール屋上のブルーベリー交配用に持参していた日本ミツバチが分蜂
1時過ぎに連絡があったが気づかず4時30分ころ現地に駆けつける。
目の高さに集合していたのでなんとか収容することができた。
転居先を決めていたらしく一部の蜂が引越しを行っていたが、収容群を箱から出さないようにして午後8時前に回収し椿谷に引越しを行った。
たぶん女王が箱の中にいるものと思われる。
010.JPG

ミツバチ分蜂

オス蜂が出入りしていると思ったら11時30分分蜂してしまった。
捕獲できずに残念
残りの群を分割したい。

003.JPG

日本ミツバチ

004.JPG
サンモールから大虫に移動したミツバチを熊対策でさらに移動させるため、1枠蜜を取る。
寒くなったからか蜂が飛び回らず、素面で枠を取り外すことができた。
夜間、落ちた蜜を狙って小動物が来たらしい。
残った箱は美鈴に移動するが、箱はまだ大変重かった。

ミツバチ分蜂



蜜絞り

昨年全く絞らなかったので、桜の花の開花に併せて絞った。
雄蜂がでは入りしており、分蜂が近いと思われる。 空き箱にも出入りしていたので、急きょ箱を掃除した。(3月31日)
008.JPG

ビービーツリー

001.JPG
ミツバチの蜜源植物として5本購入
1本1500円は高いなあ・・・ 
2本植え付ける

スズメバチの来襲



ベランダに巣を作っていたアシナガバチをスズメバチが襲ってさなぎを食べている。
1週間前にはミツバチの弱群がやられた。
ズズメバチは現在大きな群となっており、餌が大量に必要となっている。
スズメバチのような強敵がいるため木の葉を食べる虫の発生が抑えられていることが分かる。
アシナガバチは一度蚊取り線香で追い出したのだが、我が家の居間に30匹ほど緊急避難している。


ニホンミツバチのさなぎ



ニホンミツバチの巣から蜂が出入りしなくなったので、逃去と思っていたが、箱を叩くとザーとおとがしている。
箱の周りにはキイロスズメバチが飛び交っている。
どうやら女王に事故が起きて、群として働く意欲をなくしてしまっているようだ。
箱の底板を出したところ、さなぎが多数散らばっていた。
このまま群として消滅するようだ。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (JUGEMレビュー »)
藤原 誠太, 村上 正, 日本在来種みつばちの会

links

profile

書いた記事数:2167 最後に更新した日:2017/04/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM