クラフト教室


林業体験

本日の林業体験は参加者23人、スタッフ4人の総勢27人で盛大に開催した。
今回は、昨年度に行った場所を拡大してヤマボウシ、椿など30数本の植樹をした。
山肌にはシダ類が覆っていたので、まずハサミなどを使用して下刈りを行った。
その後、武村、前川両氏の指導の下、鍬、スコップなどを使用して植え付けた。
子供たちも植え付け手順をしっかり守っており、拍手を送りたいくらいだった。
植樹後、場所を移動して椎茸原木用のコナラをチェーンソーで伐採するところを見
学。
遊歩道に倒れた木の枝を鋸で切る体験もした。
林業体験を通して、多くの人に里山を親しんでもらえるよう取り組みを続けたい。(U)

 

IMG_2762.jpgIMG_2759.jpgIMG_2749.jpgIMG_2730.jpgIMG_2704.jpgIMG_2694.jpgIMG_2679.jpgIMG_2670.jpgIMG_2662.jpgIMG_2661.jpgIMG_2650.jpgIMG_2643.jpg

 

 


林業体験

今回は来年の椎茸駒打ち体験用の榾木づくりとヤマボウシや桑の苗を植樹します。

多くの参加をお待ちしています。

 


親子クラフト体験

12人の参加者、3人のスタッフで木工クラフト教室を開催した。
10時から広場で始めたが、11時ころから雨が降り出し、東屋に移動。
約2時間、子供たちはナイフや鋸を使って製作に取り組んだ。
初めて道具を使用する子供もいて、いい体験ができたと思う。
木の輪切りを使用して犬の顔、ヒノキの枝をモチーフにした飾り物など立派な作品の
前で記念撮影をして終了した。(u)

IMG_2029.jpgIMG_2028.jpgIMG_2022.jpgIMG_2019.jpgIMG_2004.jpgIMG_2000 (2).jpgIMG_2004.jpgIMG_1986.jpg

本日はあいにくの空模様で、当初から心配していた参加者も何とか予定をクリアできました。

数日前からの準備作業のお蔭でパーツも充分に揃い、参加者の希望したクラフトが出来上がり皆さん満足して頂けたと思います。

上藤さんの作った「カープ坊や」のお蔭で、子供たちも大変な喜びよう、次回もきっと参加したくなると思います。

日頃から部材収集やパーツづくりをマメにやることの大切さを痛感してます。  (m)

DSCN8047.jpgDSCN8046.jpgDSCN8045.jpgDSCN8051.jpg


親子林業体験10月7日

IMG_1318.jpgIMG_1319.jpgIMG_1341.jpgIMG_1343.jpgIMG_1345.jpgIMG_1347.jpgIMG_1347.jpg

本日はいつも参加してくれる大陽君とおばあちゃんの1組でした。
場所は先日整備したところ。
前川さんの指導で、鋸の使い方にも慣れて「とても楽しい」と伐採に力が入ります。
途中、大雨に見舞われ約40分、薪小屋の中で待機。
雨が上がった後も頑張って、10本以上は伐採してくれました。
おばあちゃんもマイ鋸で活躍されました。
イベントの人集めをどうするか今後の課題です。
                       (u)

 


中秋の名月

IMG_1238 (1).jpgIMG_1249.jpgIMG_1250.jpgIMG_1252.jpgIMG_1255.jpgIMG_1258.jpgIMG_1268 (1).jpgIMG_1269.jpgIMG_1281.jpgIMG_1288.jpgIMG_1289.jpgIMG_1304.jpg

IMG_1234.jpgIMG_1232.jpg10月4日
鬼が城山近くの八畳岩の上で中秋の名月を背にお茶会を開いた。
午後5時27分、西の山に陽が沈み、東の空には、月がお目見えだ。
今日は快晴で、雲もなく月見日和だ。
周りが薄暗くなると、月は白から黄色に変わっていき、ウサギの餅つきもうっすらと分かる気がした。
月を見ながら、温かい抹茶を天空でいただくのも風情があって格別だ。
広島市街地の夜景も素晴らしい。
月、夜景、抹茶を約2時間楽しんで、午後7時半に夜道を下山した。
参加者9人は満足して家路に就いた。(U)


イベント計画

29.10.jpg


柿渋づくり

IMG_20170828_153436 (1).jpg

少し遅くなったが、柿渋づくりにチャレンジした。

約30キロほど石臼で潰し甕で発行させる。

 


美鈴完成

18日9時ごろ窯出し

今回は温度が高かったので、全体的に白っぽい。

それぞれ個性が出ていてよかった。

抹茶じゃわんは、釉を塗って再度焼き上げる必要がある。

P8180903.JPG

P8180905.JPGP8180906.JPGP8180904.JPGP8180902.JPG


美鈴づくり・ソーメン流し

P7290886.JPGP7290884.JPGP7290883.JPGP7290882.JPGP7290881.JPGP7290880.JPGP7290879.JPGP7290881.JPGP7290880.JPGP7290879.JPGP7290878.JPGP7290877.JPG

今年夏のイベントは土鈴づくりで終了

思ったより多くの参加者があり楽しいひと時を過ごすことができた。

スタッフの皆さんいろいろとお世話になりました。

作品は16日ごろ椿谷で焼きます。

17日か18日には作品を渡すことができるでしょう。

土鈴づくり作成15個 約30人 ソーメン流しスタッフを含め40人

 

今年の夏は、

.泪張精眞弔らのテントが活躍した。

井戸水がソーメンを冷やすのに非常に役立った。

D精獣咾某紊出るようにしたので、子供たちの遊び場となってよかった。

 

土鈴は午後からは3人で抹茶茶碗作りに挑戦する。

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2216 最後に更新した日:2017/11/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM