イタチ侵入

P1160677.JPGP1160676.JPG

昨年雛から育ててきた鶏が全滅

そろそろ卵を産むのではないかと期待していたのに残念

1m程上の金網の間から侵入

昨日夕方には異常がなかったのに・・・

足跡から推察すると今朝の早い時間と思われる。

雪が降り山に餌がなくなって狙われたのかも

 


アサギマダラ

20161006_132427.jpg20161006_132424.jpg20161006_132356.jpg20161006_131540.jpg

10月6日撮影

ちょうど渡りの時期で毎日数頭飛び回っている。

沖縄や奄美大島まで飛んでいく途中で、フジバカマの蜜を吸っているらしい。

10月 14日 約10頭

    16日   2頭 観察

日が当たりだしたらフジバカマに集まってくる。 そろそろ終盤か。・・

(ウイクペディア)

 秋の南下の中には直線距離で1,500 km以上移動した個体や、1日あたり200 km以上の速さで移動した個体もある。 具体的な事例として、2009年には、岐阜県下呂市で放蝶した人と兵庫県宝塚市でその個体を捕まえた人が、2年続けて双方とも同じ人物だった。

なお、その個体は9月下旬に放蝶され、10月12日に捕まえられた[5][リンク切れ]

2011年8月19日に「道南虫の会」が北海道函館市近郊の山から放蝶した「アサギマダラ」が、2011年10月24日に山口県下関市の市立公園・リフレッシュパーク豊浦のバタフライガーデン「蝶の宿」に飛来し捕獲された。「アサギマダラ」は再び放され、更なる南下の途中[いつ?]である。

2011年10月10日に和歌山県から放たれて、83日後に約2,500 km離れた香港で捕獲されたアサギマダラ

2011年10月10日に和歌山県から放たれたマーキングしたアサギマダラが、83日後の12月31日に約2,500 km離れた香港で捕獲された。途中高知県でも捕獲されていて、世界第二位の長距離の移動が確認された[6][7]

児童図鑑でのアサギマダラの渡り行為の紹介以来、春から初夏に日本本土で観察する個体がすべて南西諸島以南から渡ってくるとされたが、これは間違いである。


鶏雛の到着

P9130604.JPGP9130602.JPGP9130606.JPG

雛40羽が宅配で到着 運送会社まで取りにゆき巣箱をセットし、水と玄米を与える。

明日から雛用のエサを与える必要があるが、まだ用意ができていないので、普通の鳥のエサを与える予定

昨年は2回もイタチにとられたので、今回は厳重に金網で囲った。

よく鳴き、よく動き回りかわいいものだ。

 


モリアオガエル

モリアオガエルのオタマジャクシがいっぱいです。
今年は鯉を別の池に移動したので、安心して多く産卵したのでしょうか。
大きいのは3週間前くらいです。
いつ頃カエルになるのでしょうか。時々観察しましょう。(U)
IMG_9180.jpgIMG_9183.jpg
 

モリアオガエルの産卵

KIMG0158.JPG
タラの葉っぱと椿の葉っぱに2か所産卵(5月12日発見)
下の池まで相当の距離があるが、水面の真上で産卵している。
昨年より2週間早い。
 

キイロスズメメバチの巣

P2020456.JPG
近所の軒下に作ったキイロスズメバチの巣
11月ごろまだ巣から出入りしていたので、今回軒下から取り外した。
蜂はすべて巣から出て、落ち葉の下で冬を過ごしているはず・・
これと同じくらいの巣が山にもあるのだが・・・・・

イノシシ


PB170323.JPG
狩猟期間が始まり15日にセットした箱罠に17日に3匹入った。
これで植木や登山道の掘り返しが少なくなればいいのだが・・・

黄色スズメバチの巣

P9220222.JPG
近くで羽の音がするのでよく見たらいつの間にか大きなハチの巣ができていた。
直径60センチほどか
近づいて写真を撮ろうとしたところ、黒いソックスをはいていたので、足を刺されてしまった。
早速自家製のムカデ油を塗って対処、少しヒリヒリするがこれで大丈夫
ムカデ油の作り方は、油(オリーブ、ゴマ等)1合程度に生きたムカデを入れて作ります。
1か月程度で使用できますので、ムカデを見つけたらぜひ作ってみてください。
今後は迂回してこの近くを通らないようにするつもり。

カラスのお礼

 8日に椿谷に来たカラスの親が9日に椿谷に行くとお礼を言って、飛び去った。
人間より礼儀正しいカラスくん。
びっくりしました。

カラスの雛

昼飯に椿谷に寄ったところ、カラスの雛が鳴いていた。
ミスズモールをうろついており佐伯区役所が保護し、椿谷に離したものと判明。
仲間が水をやったりしていたが、親鳥に世話をさせるため離れた場所に移動する。
3時間ほどして、椿谷に来たところ、親鳥が雛に声掛けをしていたので、無事成長するものと思われる。
P5081898.JPG


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (JUGEMレビュー »)
藤原 誠太, 村上 正, 日本在来種みつばちの会

links

profile

書いた記事数:2167 最後に更新した日:2017/04/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM