第6回朴の会

IMG_5277.jpg

朴の開花が遅れ、朴の会に花が確保できないのではと心配していたが、家の裏の木は5,6輪の開花で2個の花を用意することができた。坂村真民詩「二度とない人生だから」の詩の朗読から参加者一人一人が詩を朗読。美鈴の酵素ジュースで乾杯の後、山頂まで散策。のんびりとした一日だった。

山菜は藤の花、葛の芽、アカメガシワ、イタドリ、ヨモギ、山帰来の芽、ワラビの天ぷらとタケノコごはん、ピザを楽しんだ。

途中からの参加者を含め19人参加  食事は恵みの森メンバーと合流

来年も4月29日(日)に開催予定(t)

IMG_5279.jpgIMG_5291.jpgIMG_5305.jpgIMG_5311.jpgIMG_5313.jpg

IMG_5360.jpgIMG_5356.jpgIMG_5332.jpg

 

 

 

IMG_5337.JPGIMG_5349.JPGIMG_5351.JPGIMG_5386.jpg

IMG_5369.jpgIMG_5376.jpg

4月29日、朴の会が開かれました。
 14人が参加して、詩の朗読を楽しみ、鬼が城まで朴の花、新緑を求めて散策しまし
た。
朴の開花には少し早く、わずかに開き始めたものもありましたが、ほとんどがつぼみ
でした。
八畳岩、鬼が城山頂では瀬戸内海の景色を堪能しました。
下山して、みんなで昼食の準備を始め、作業をされていた恵みの森メンバーと合流し
て筍ご飯、ピザ、山菜てんぷらなどをおいしくいただきました。
快晴の下、さわやかな春の1日を過ごすことができました。(u)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

日本ミツバチ―在来種養蜂の実際
日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 (JUGEMレビュー »)
藤原 誠太, 村上 正, 日本在来種みつばちの会

links

profile

書いた記事数:2177 最後に更新した日:2017/05/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM