石釜



午後昨日に引き続き3時間天井部分にまさ土(猫車一杯分)、セメント、耐火モルタルを練ったものを乗せる。 これで保熱と耐久性が増したものとなった。
残りは、石がまの乾燥とふたの作成である。
別途石がまの命名を行いたい

関連する記事
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
完成まじか、おめでとうございます。日々ご苦労様です。
益々、これで焼いた作品が楽しみになりました。窯の上に乗っているのはこの作品の象徴となるシンボルですか。
  • 2009/09/18 9:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:2270 最後に更新した日:2018/02/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM